わくわくスイッチでは、三重県初となる実践型インターンシップ事業・キャリア教育事業を行います。地域社会において、若者と企業が「発見」「出会い」「挑戦」できる場を創ることで、十人十色の「わくわく」が生まれ、ここから始まった挑戦が、各地に連鎖することで無限の「わくわく」の可能性を広げていきます。

株式会社アクア 菰野辻農場

『どんな人でも笑顔で働ける環境を創りたい!!』

もし、自分の身近な人が病気や障がいを持って社会の中で働けなくなってしまったら皆さんはどんな行動をとりますか?
 今回は、菰野の大自然の中で「就労継続支援」というかたちで、農業を経営する菰野辻農場を取材してきました!この菰野辻農場では、小松菜やレタスを栽培しながら障がいを持った方々が自立して働けるような支援をしています。
 農場主の辻恵美子さんは、農場経営と福祉事業を両立させながら、一人でも多くの人が生き生きと笑顔で働ける社会を実現させたいと取り組んでいます。彼女のその原動力はどこから来ているのか、何を大切にして日々活動しているのかといった熱い思いをお届けします!

index

事業を始めたきっかけは?

 最近は生まれつき障がいを持っていなくても、ストレスや社会的環境から知的障がいを受ける人が少なくありません。若くして社会に適応できず引きこもってしまう人がたくさんいます。実際に、自分の身近な知り合いが障がいによって外で働くことができなくなり、何とかして外で働ける場所を作っていきたいという思いを持つようになりました。そこで、前々から伊賀の「夢農会」というところで農業について取り組んでいたこともあり、農業と就労支援を同時に始めました。

会社の強みは?

 農業は他の仕事よりも危険が少ないので、障がいを持っている方でも安心して取り組める仕事です。さらに、農作物を育てるという流れを通して、農作物の成長だけではなく、利用者の皆さんの成長も感じられるという点において、やりがいが感じられます。

社長の大事にしていることは?

 正直なところ、農業はたくさん稼ぐことはできません。それでも、障がいを持った方々が社会の中で生きていけるために私たちの事業は大切なことだと思います。だからこそ、自分たちで栽培方法を工夫し試行錯誤しながら楽しんでいくことが大切です。

今後の展望は?

 これまで生産した小松菜を利用して塩飴を作り、地元の直売所等で販売してきました。次は、小松菜を粉末状にしてパスタ生地に混ぜて小松菜パスタを作ってみたいと思っています。色々な形で皆さんに私たちの小松菜をお届けしていきたいです。

ハウス内

株式会社アクア 菰野辻農場
農場主 辻恵美子
HP:http://www.aqua-komono.com/index.html

=========================

レポーター感想

 「適材適所」という言葉があるように、一人一人の個性や輝ける場所というのは様々です。まだまだ日本の社会では誰もが輝ける場所というのは整っておらず、弱い立場にある人は見過ごされてしまいがちです。だからこそ、辻農場のような取り組みというのはこれからさらに必要とされるような事業なのではないかとひしひしと感じました。菰野でのこれからの挑戦が楽しみです!

わくわくスイッチインターン生
南山大学 石田紗也香

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 わくわくスイッチ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.