わくわくスイッチでは、三重県初となる実践型インターンシップ事業・キャリア教育事業を行います。地域社会において、若者と企業が「発見」「出会い」「挑戦」できる場を創ることで、十人十色の「わくわく」が生まれ、ここから始まった挑戦が、各地に連鎖することで無限の「わくわく」の可能性を広げていきます。

新規事業開発 事例②

  • HOME »
  • 新規事業開発 事例②

【石巻津田水産(仙台)】

津田水産1 津田水産2

解決すべき課題
1.来店できない人向けの魚の個別宅配・販売事業の確立
2.サービスの運営、料理教室の実施、顧客開拓のための訪問営業

学生の活動
約300軒の個宅を訪問した結果はゼロ。見かねた津田さんは厳しく叱責。その日のうちに、ようやく1件が売れ、本気のスイッチが入った学生は、そこから一気に販売実績を伸ばすことができた。

導入の成果
1.目標を超える30万円以上の月間売上を達成!
2.やり続けた個宅訪問で「地域の御用聞き」としての存在になっていった。

プロジェクト実施の背景
都市開発でマンションが立ち並ぶ五橋地域。実は近くにスーパーがなく、買い物難民が溢れる地域が存在している。個別宅配事業を立ち上げる際、人手が不足していた。

お気軽にお問合せください。 TEL 059-340-6233

Information

一緒にわくわくしていく仲間を募集!

私たちは、三重県に眠る宝「=わくわくスイッチ」を掘り起こすために立ち上がりました。 人口減少、地場産業の衰退、 …

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 わくわくスイッチ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.